テーマ:医学教育

封印

 今月、オープンキャンパスが開催される。  いつもは、参加者(受験生、ご父兄)を教室に集めての講演なのでが、今年ありがちな「オンライン」での開催に変更となった。  MイクロソフトのTームズを使うそうである。  事前に参加登録した方に限定してT-ムズの会議の形式で開催し、その様子は録画しておき、誰でも見られるように公…

続きを読むread more

利益相反

 この時期、医学部6年生は初期臨床研修のマッチング採用試験など就職活動をしている。  病院によっては、大学教員の推薦状を求めるところもある。多くは都市部の有名研修病院である。  毎年、何人かの学生に推薦状を頼まれる。  今年も・・  大学受験の推薦状であれば、高校の教員は何も問題なく書くことができるだろう。 …

続きを読むread more

マッチング始まりました

 マッチング参加登録が始まった。  新型コロナウイルスのために敬遠されていた学生の病院見学も、全国的な制限の緩和とともに解禁。  学生を集めての病院説明会はできないので、Z-ムを使ってのオンライン説明会となった。  県内の某病院の説明会に潜り込んでみた。  偶然、参加している次女に遭遇。  個人あてのチ…

続きを読むread more

再開

 今週から5年生の臨床実習(クリニカル・クラークシップ)が始まる。  と言っても、三密をなくし、手術室にも入れず、また、患者さんに接することも控えるという実習。  うーん、辛いね。    ずーと閉店していた学生食堂も再開。  5年生しか登校していないし、元通りと行かず、弁当を3種類販売しているだけ。  売…

続きを読むread more

アワタニ、大学やめねえってよ

 3月末から、T佐山診療所に毎日、出勤している。  先日、私が留守の研究室に、新3年生が訪ねてきたらしい。  T佐山診療所の管理者を募集していたのに気づいた学生の間で、「アワタニ、辞めんじゃね?」みたいな話になっているそうで。    真偽を確かめに来たらしい。  心配してくれて有難う{%嬉(チカチカ)hde…

続きを読むread more

新年度

 異様な雰囲気の新年度最初の教授会。  換気のよい広い教室に場所を移し、バラバラに着席、ドアは開放して開催。  新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、ゴールデンウイーク明けまでの体面授業をしない方針。  4か月かけて準備してきた実習も、すべてリセット。  実習の代わりに何ができる? 今の環境で、もやもやしてい…

続きを読むread more

将来のために

 来週で、5年生の実習が終わる。  今日は、最後のグループのオリエンテーション。  新型コロナウイルスの影響もあり、実習も縮小傾向・・ でも大事なことを学んで来て欲しいな。    オリエンテーションに向かう途中の廊下で。  「将来用」  電気設備のことなのだが、何か、ほっこりする。 …

続きを読むread more

不安な時

 今週、学生実習のオリエンテーションのアイスブレイク。  学生には、自己紹介をした後に、「今、一生懸命やっていること」「最近、はまっていること」「将来の野望」などを語ってもらっている。  学生が終わった後、教員も自己紹介して、思い思いのことを話す時間。  今日の私は、いろいろ思うことがあり、いつもと違うトーンで学生に語…

続きを読むread more

トリアージ

 医師国家試験が終了した。  自己採点をして、歓喜する者、ソワソワする者、悲嘆にくれる者、さまざまである。  この時期、結果を報告に来てくれる学生・卒業生は、だいたい大丈夫な人。  災害医療と同じ。  最初に救護所に現れるのは、多数の軽症患者さん。  リソースを投入しないといけない深刻な状態の患者さんは…

続きを読むread more

合格祈願

 今年も6年生が国家試験に向けて出発。  出張のため、出発式に参加できず、お見送りできず。  でも、念は送っているからネ。 人気blogランキング(医療)に一票

続きを読むread more

未来予想図

 実習の学生と話をする。  1年半後には医師となる(予定の)学生、将来どんな医師になりたいかという話をする。  「手技がしたいんで、●●科がいいかなあと思っています。」   「外科を考えていますが、飽きっぽい性格なので、同じ手術ばっかりしているのもどうなのかな・・と思っています。」  「commonなものから…

続きを読むread more

新・○○

 新・家庭医療専門医のプログラム作成中。まもなく申請書提出予定。  ちなみに、「新・家庭医療専門医」というのは通称。  以前の家庭医療専門医と区別するために、「新」が付いている。  何年も時間が経ったら「新」はオカシイもんね。    つまり、「帰ってきたウルトラマン」が通称で「新ウルトラマン」と呼ばれる…

続きを読むread more

NPB的地域医療学講義

 10月から、3年生の地域医療学講義のパワーポイントを絶賛改訂中。  地域医療学総論で「地域医療はプライマリ・ケア、地域の中核病院、大学病院など機能が異なるものが地域全体を支えるもの」という説明をしている。  一部の学生にしか共感を得られないが、これをジャイアンツの打線に喩えたりする。4番バッターを並べても優勝はできない!と…

続きを読むread more

Nプリーグ

 K子先生が産休に入ったので、久しぶりに地域医療学実習でのレクチャー。  7人の5年生を相手に、2時間の漫談。  「プライマリ・ケアの5つの原則ってなんだっけ? 3年生の時の復習ね。」  学生A「えっと・・」  「1つ言ってくれたら良いよ。正解を言えたら、隣に移るからね。」  学生A「・・近接性。」 …

続きを読むread more

こちらです

 初期臨床研修マッチングの参加登録が始まった。  6年生たちは、希望する病院に申込を始めている。  病院によっては、試験があったり、小論文があったり、さまざま。卒業試験の合間に大変だねー。  先日は、ある6年生の推薦状を依頼され、心を込めて書いた。依頼される側としては嬉しいことではあるが、遠くの病院への推薦状は複雑な気…

続きを読むread more

Dチョウ倶楽部

 今日は、10月の学園祭の実行委員が来室。    来場者の健康チェックなどをおこなう「医療展」のチーフの医学科生、看護学科生である。  毎年、この「医療展」で来場者に手渡す冊子を学生が作っているが、その内容の医学的な監修を引き受けているのである。  「毎年のことだからわかっているし、わざわざお願いに来なくてもいいからねっ…

続きを読むread more

進路2

 県外に居る卒業生から封書が届いた。  どうしたんだろう?  結婚式の招待状には見えないし。そもそも、とっくに結婚したことは聞いていたし。  万年筆で便箋に丁寧に綴られた文字。  進路転換をしたことの報告だった。  県外のある大学病院で働いていたのだけど、退職して家庭医療の後期研修を始めたと書かれて…

続きを読むread more

進路

 初期臨床研修マッチングが近づいている6年生と面談。  「初期研修病院って、どういう基準で選んだらいいんでしょう?」  「うん。もっともな疑問だね。そうだね・・ やっぱり、人かな。『こんな先生のようになりたい』とか、『こんな人と一緒に働きたい』とか思える人が居るところがいいだろうね。でも、全員がそんな人という職場はないか…

続きを読むread more

まぶしい白衣

 4月から、5年生のクリニカルクラークシップ(臨床実習)が始まっている。  いままで教室で、座って講義を受けるだけだった学生たちが、白衣を身にまとい病棟に行くようになったのである。  先日、白衣授与式で医学部長から手渡されたピカピカの白衣。  ガンバレ、5年生! 人気blogランキング(医療)に一票

続きを読むread more

ご縁

 高知県町村会、市長会に、N村事務部長と総務課M鍋さんとともに、お願いに出かけた。  毎年、両会からは、多額のご寄付をいただいており、それにより、家庭医道場、幡多地域医療道場を開催することができている。  その成果もお示ししつつ、引き続き、来年度もご寄付をお願いする。私はこれを「同情するなら金をくれ!」(by A達祐実)では…

続きを読むread more

あいさつ回り

 恒例の営業マンの時期。  1年生の実習―EME初期臨床医学体験を受け入れていただいているクリニックにご挨拶して、来年度のお願いをしている。  11年前からずっとお世話になっている産科クリニック。  院長先生と面会して、手元の資料を見ながらお話。  あ  過去に実習に来た学生のリ…

続きを読むread more

ありのままで

 何かと世間を騒がせている医学部入試。  私も、ちょこっと担当。昨日まで、3日間連続で終日の面接。なかなか疲れる。  「医師を志した動機」、「本学を志望する理由」、「地域医療にどう貢献するのか」・・など、ありきたりの質問には、だいたいモットモらしい答えが準備されている。  このようなありふれた質問をした途端、受験生の顔…

続きを読むread more

伊藤英明

 先日、看護学科1年生に講義をした。(→ 公式ブログ そうだ!地域へ行こう!)  I内教授から、学生の感想が届いた。  『今日は医学科の伊藤英明であるアワタニ先生の講義でした(笑)』のような記載がある。  話の掴みとして、私が25年前に診療所長をしていたY原町M原診療所の話をした。  山崎豊子原作「白い巨塔」…

続きを読むread more

値打ち

 肩書、経歴が気になる方がいる。  私も気にならなくはないが・・ 他人に説明するのに楽だから、くらいにしか思っていない。  そんなもの、他の人から「すごいね」と言われても、嬉しくもなんともない。    そんなことより、困難な状況で、どう行動したのかが大切だと思う。  誠実であったか? 他者のためを思って行動した…

続きを読むread more

怒涛の一週間

 今週はいろいろ忙しかった。  W口地域医療支援センター長との打合せ。  県庁への相談行脚。  教授会。  高知県医師養成奨学貸付金の説明会。  リサーチコース学生の指導。  学会雑誌の編集委員会(ネット会議)。  家庭医道場実行委員会。  高知家総合診療専門研修プログラムキックオフセレモ…

続きを読むread more

争奪戦

 4月から同居するようになった長女の出勤時間に合わせて行動しているおかげで出勤が早くなった。午前7時半頃には職場に到着している。この時間だと、道路の混雑もさほどではなく運転時間も短く、職場の駐車場も多く空いているので、研究室の近くに駐車できる。  さて、今日も7時35分頃、到着。  が、いつもと様子が違う。{%顔文字?hde…

続きを読むread more

火のないところに立つ煙

 5年生は、卒業試験、国家試験に向け数人の勉強グループを組む。  このグループには、大学内に勉強部屋を与えられるのである。  私の研究室の近隣にも何部屋か勉強部屋がある。  さて、2月中には旧6年生が退出し、3月くらいに旧5年生が入居することになる。  時間のある春休みに、それぞれの学生たちが居心地の良いよう…

続きを読むread more

4連投

 今日は、卒業式。学位記授与式で巣立っていく学生たちを見届ける。  みんな立派になったねえ・・  おめでたいんだけど、寂しいなあ・・  夜は謝恩会。実は、今日で4日連続の飲み会。ガンバレ、俺の肝臓!  女子の多くは、装いを新たに登場。華やかだねー。  恒例のビンゴ大会では、10年…

続きを読むread more

悲喜こもごもの日

 今日は、そわそわ落ち着かない日。  14時に第112回医師国家試験の合格発表なのである。  悲喜こもごも。  合格率100%であれば良いのだが、どうしてもそうならない悲しさ。  全国的には受験者の10%が不合格。  わが、教え子たちも何人かが涙を流す。  「え? この学生が!?」  というケ…

続きを読むread more