テーマ:医学教育

人はウソをつく

 先日、講座に出入りしている4年生と三重県の話になった。  M重大学医学部に進学した同級生がいるそうで、S摩病院のE角先生の話をしたらしい。  S摩病院のE角先生と言えば先日、某国営放送の「逆転人生」に出ていたね。(→ここ)  え? 観てないの?  ちょっと待ってね、確かDVDに録画しているから、貸してあげるよ。…

続きを読むread more

曲がり角

 1年生のオリエンテーションを見に行く。  入学早々、実習を予定しているので、コロナ対策など学生への説明を聞いておく方が良いと考えたからである。  そういえば、2008年の新入生のときも、オリエンテーションに同席したなあ。  あの当時の1年生は、今は30歳になり、医師として活躍中である。  ここが人生の曲がり…

続きを読むread more

 3月16日、医師国家試験の合格発表があった。  悲喜こもごもの日。  学生たち全員が合格すれば、こんな気楽な日はないのであるが、いまだかつてそのようなことはない。  『本学は合格率●●%で、全国の80大学の中□□位』といういつもの表が週末の教授会にも出てくるのだろう。  「今年は去年より良かった」とか「思ったほ…

続きを読むread more

闘い済んで

 医師国家試験が終了した。  自己採点を終了し、プレッシャーから解放された6年生の笑顔を見ると、こちらまで嬉しくなる。  学内の勉強会部屋は、今月中に退去しないといけないらしい。    そこで、毎年、恒例の講座前の掲示。  引っ越しするのに、お貸ししますよ。  一方、いつも心配するのは、つ…

続きを読むread more

国家試験出発

 6年生が国家試験に出発していった。  コロナ対策のため? いつもより、バスの台数が多い。    わが講座の恒例行事も今年は封印。  心静かに、応援しています。  ガンバレ! 6年生! 人気blogランキング(医療)に一票

続きを読むread more

ファーストペンギン

 活動的な学生の話。  医学部というところは、ある意味、専門学校のようなところで、授業はほぼ必修科目で、1つ単位が足らないだけで留年。    学生の個性を伸ばすというより、医師国家試験合格という共通目標に向かっているような気がする。    そんな中で、大学の与える枠を超えて活動する学生がいる。  他の学生からは「…

続きを読むread more

ハードル

 試験期間になった。3年生の地域医療学の試験をする。  コロナ禍での試験の実施。  学生が、過去2週間、感染拡大地域と往来していない、症状がないなど問題がないことを確認しなくてはならない。  室内では間隔を空けて着席し、定期的に換気する。  ・・などなど、大変。  事前に打ち合わせはしたが、初めてのこと…

続きを読むread more

真実の口

 3日間、朝から夕まで、受験生の面接。  ・・疲れた。    人生の岐路に立っているから、必死なのだろう。  自分を良く見せようとする気持ちがわからないわけではない。  入試の特性上、しばしば「県外出身のあなたが、どうして高知の医療に貢献したいのですか?」と質問する。      「はい、高知は…

続きを読むread more

私、失敗しないので

 昭和オヤジの呟き。  最近、気になっていること。    地域医療のシンポジウムでの高校生、医学生からの質問。  医学科1年生の講義での質問。    いずれも同じ質問。  「学生の時にやっておいた方がいいことはありますか?」  先輩医師たちからは、「医師になってから必要だから、英語をしっか…

続きを読むread more

福岡から愛を込めて

 今日も卒業生が訪ねて来てくれた。  今年卒業して福岡で頑張っている医師-「ちょっと休みがもらえたので。」とのこと。    今日には高知を離れる、ちょっとした隙間時間に立ち寄ってくれた。有難いことである。  お土産に、太宰府天満宮のお守りをいただいた。  国家試験に向けて勉強中の後輩たちへ、なんだよね。…

続きを読むread more

冥利

 教員をやっていて、最も嬉しいのは卒業生が元気に活躍していることを知ること。  人づてに聞いたり、医学雑誌やメディアなどを通じて名前を見たりするだけでも嬉しいが、直接、顔を見るのは猶更である。  ここ1週間で4人の卒業生が訪ねて来てくれた。  卒業して何年も経っているのに「あいつの顔を見に行ってみるか」と思ってもらえる…

続きを読むread more

100日後

 医師国家試験まで、あと100日。  今週末は、最後の卒業試験。  ガンバレ! 6年生! 人気blogランキング(医療)に一票 100日後に死ぬワニ (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル) - きくち ゆうき

続きを読むread more

新しい生活様式

 今日は、医学部長室で文部科学省の担当者のヒアリング(オンライン会議)を受ける。  同席するS教授が、朝、スーツ&ネクタイ姿(かなり珍しい!)で出勤しているのを目撃。  やはり、今日はそういうドレスコードですかね。  私もジャケットを羽織り、ネクタイを締めて医学部長室に出向く。  隣に座るS教授の足元は、…

続きを読むread more

いざ!

 今日は、6年生の卒業試験の試験監督を仰せつかった。  新型コロナの影響で、実施が遅れていた、今年度の第1回目の卒業試験。  みんな、頑張れヨ  試験監督も気合を入れて・・ あ、マスク忘れた。  学生課が準備しているマスクを1枚分けていただいた。  「先生、マスクの紐が弱いことが…

続きを読むread more

10月スタート

 10月になって学生の声が聞こえるようになった。    と言っても、オンライン授業の方が多く対面授業は少ない。  対面授業は、入学以来ほとんど大学に来られなかった1年生が多めに設定されている。  夏まで画面でしか顔を見ていない1年生が歩いている。  1年生たちもこちらの顔を見て「こんにちは!」と挨拶してくる。 …

続きを読むread more

実演

 先日、膀胱炎を繰り返す女性患者さんを診察。  「先生、こんなことずっと繰り返すんでしょうか?」    「そうですね、女性が膀胱炎を起こしやすいことは、形の面から仕方がない部分があります。でも、それを理解して日常生活を気を付けていただければ・・」  と、排尿を我慢しないこと、水分を多めにとること、などを説明。 …

続きを読むread more

封印

 今月、オープンキャンパスが開催される。  いつもは、参加者(受験生、ご父兄)を教室に集めての講演なのでが、今年ありがちな「オンライン」での開催に変更となった。  MイクロソフトのTームズを使うそうである。  事前に参加登録した方に限定してT-ムズの会議の形式で開催し、その様子は録画しておき、誰でも見られるように公…

続きを読むread more

利益相反

 この時期、医学部6年生は初期臨床研修のマッチング採用試験など就職活動をしている。  病院によっては、大学教員の推薦状を求めるところもある。多くは都市部の有名研修病院である。  毎年、何人かの学生に推薦状を頼まれる。  今年も・・  大学受験の推薦状であれば、高校の教員は何も問題なく書くことができるだろう。 …

続きを読むread more

マッチング始まりました

 マッチング参加登録が始まった。  新型コロナウイルスのために敬遠されていた学生の病院見学も、全国的な制限の緩和とともに解禁。  学生を集めての病院説明会はできないので、Z-ムを使ってのオンライン説明会となった。  県内の某病院の説明会に潜り込んでみた。  偶然、参加している次女に遭遇。  個人あてのチ…

続きを読むread more

再開

 今週から5年生の臨床実習(クリニカル・クラークシップ)が始まる。  と言っても、三密をなくし、手術室にも入れず、また、患者さんに接することも控えるという実習。  うーん、辛いね。    ずーと閉店していた学生食堂も再開。  5年生しか登校していないし、元通りと行かず、弁当を3種類販売しているだけ。  売…

続きを読むread more

悪くないだろう

 今週から、オンライン授業を始めることになった。  Pワーポイントを作成して、スライドショーを録画する。  録画ボタンを押すとカウントダウン 3 2 1・・  「これからEME初期臨床医学体験のオリエンテーションを始めます」 クリック  「まず、はじめに・・」 クリック    簡単に音声入りの…

続きを読むread more

新しい生活様式

 今週、月曜から金曜の5日間で・・  リモートによる会議・面談・授業など計15回 (●kype 10回、●oom 2回、●eams 3回)  これをこなしながら、オンライン授業の準備・・  しかも、飲み会なし・・   人気blogランキング(医療)に一票

続きを読むread more

アワタニ、大学やめねえってよ

 3月末から、T佐山診療所に毎日、出勤している。  先日、私が留守の研究室に、新3年生が訪ねてきたらしい。  T佐山診療所の管理者を募集していたのに気づいた学生の間で、「アワタニ、辞めんじゃね?」みたいな話になっているそうで。    真偽を確かめに来たらしい。  心配してくれて有難う{%嬉(チカチカ)hde…

続きを読むread more

新年度

 異様な雰囲気の新年度最初の教授会。  換気のよい広い教室に場所を移し、バラバラに着席、ドアは開放して開催。  新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、ゴールデンウイーク明けまでの体面授業をしない方針。  4か月かけて準備してきた実習も、すべてリセット。  実習の代わりに何ができる? 今の環境で、もやもやしてい…

続きを読むread more

将来のために

 来週で、5年生の実習が終わる。  今日は、最後のグループのオリエンテーション。  新型コロナウイルスの影響もあり、実習も縮小傾向・・ でも大事なことを学んで来て欲しいな。    オリエンテーションに向かう途中の廊下で。  「将来用」  電気設備のことなのだが、何か、ほっこりする。 …

続きを読むread more

不安な時

 今週、学生実習のオリエンテーションのアイスブレイク。  学生には、自己紹介をした後に、「今、一生懸命やっていること」「最近、はまっていること」「将来の野望」などを語ってもらっている。  学生が終わった後、教員も自己紹介して、思い思いのことを話す時間。  今日の私は、いろいろ思うことがあり、いつもと違うトーンで学生に語…

続きを読むread more

トリアージ

 医師国家試験が終了した。  自己採点をして、歓喜する者、ソワソワする者、悲嘆にくれる者、さまざまである。  この時期、結果を報告に来てくれる学生・卒業生は、だいたい大丈夫な人。  災害医療と同じ。  最初に救護所に現れるのは、多数の軽症患者さん。  リソースを投入しないといけない深刻な状態の患者さんは…

続きを読むread more

合格祈願

 今年も6年生が国家試験に向けて出発。  出張のため、出発式に参加できず、お見送りできず。  でも、念は送っているからネ。 人気blogランキング(医療)に一票

続きを読むread more

未来予想図

 実習の学生と話をする。  1年半後には医師となる(予定の)学生、将来どんな医師になりたいかという話をする。  「手技がしたいんで、●●科がいいかなあと思っています。」   「外科を考えていますが、飽きっぽい性格なので、同じ手術ばっかりしているのもどうなのかな・・と思っています。」  「commonなものから…

続きを読むread more