令和対応

 T佐山診療所で使用しているデータベースソフト(Fァイルメーカー)のバージョンアップをした。

 新しい機能が必要でもなく、忙しいこともあり、長らくバージョンアップをしていなかった。(反省)

 しかし、使用しているバージョン(Fァイルメーカー14)は、新元号「令和」に対応予定がなく、和暦での日付表示ができないという問題が発生していたのである。

 対応しているのは、Fァイルメーカー17からである。

 しかし、クライアントをFァイルメーカー17にすると、対応しているサーバーソフトはFァイルメーカーサーバー15以上のため接続できなくなってしまうので、サーバーソフトのバージョンアップから始めないといけなくなった。
 
 一方で、サーバーソフトをファイルメーカー17まで上げてしまうと、ファイルメーカー14で動いているクライアントが接続できなくなる。クライアントもバージョンアップすればよいのだが、さすがに一台一台やっていると時間もかかり、日常業務に支障が出る。

 そこで、サーバーを暫定的にFァイルメーカーサーバー16にまで上げることにした。

 そうすると、クライアントはFァイルメーカー14のままでも接続できるので、日常業務は止めずに、一台一台Fァイルメーカー17までバージョンアップしていくという作戦である。

 診察のない水曜午後を狙って、サーバーを止め、Fァイルメーカーサーバーのバージョンアップをすることになった。その準備をしているうちに、Fァイルメーカー18がリリースされた。17と言わず、ここは18までバージョンアップしておこう。

 Fァイルメーカーサーバー14 → 16 のバージョンアップは1時間で終了。

 クライアントで動いていた、Fァイルメーカー14、15、16を18にバージョンアップする。

 しかし、18にできず(原因はクライアント証明書の置き場所の指定パス)、17までで止めたPCもできてしまった。

 ともかく、3日かけて、ファイルメーカー14、15、16を撲滅し、17、18に変更できて、令和対応は完了した。

 今後は、時間をかけて、サーバーもクライントも18にしていくことになる。

 
 お疲れ様でした。

 
 15、16、17と~♪ 私の人生、暗かった~♪

 
 ギャグは平成どころか昭和のまま。





人気blogランキング(医療)に一票

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック